英語は衛星枠付け言語だった!?【第二言語習得論4】#77

今回は福田先生ゲスト回の2回目。福田先生曰くここからが本編らしく、前回にもまして濃い内容となっています。そして明かされる衝撃の事実、なんと英語はあの衛星枠付言語だったのです。


【目次】

00:00 オープニング。ここからが本番らしい。

00:58 言語によって世界の分類の仕方にズレがある

15:27 メチャクチャカッコいい言語学用語

16:50 バイリンガルは表現の容認度が高い!?

27:54 エンディング。次回は更に認識を深堀りしていく


【参考文献のリンク】

○はじめての第二言語習得論講義

https://amzn.to/3c7Odv3

一番最初に読んだ本。第二言語習得論の概観をつかむのにぴったり。


○外国語学習に潜む意識と無意識

https://amzn.to/30QMxUJ

福田先生の著書。言語学だけでなく認知科学、哲学の知見をミックスさせながら、「第二言語を学ぶと話者の意識・無意識にどのような影響を与えるのか」に迫る。


○英語教師のための第二言語習得論入門

https://amzn.to/3DL5nL4

ターゲットを英語教師に絞った第二言語習得論の入門本。『はじめての第二言語習得論講義』よりも薄くライト。日本語教師をされている方にもオススメです。


○英語習得の「常識」「非常識」

https://amzn.to/3DMIeb6

巷に流れる英語学習の俗説を、第二言語習得論の実験、研究を元にバシバシ切っていく本。


○第2言語ユーザのことばと心

https://amzn.to/3DJNk8a

「第二言語習得論×サピア=ウォーフ仮説」みたいなコンセプト。外国語話者のオモシロ事例がいっぱい出てくるので、うんちく的な興味から入ってもすんなり読めちゃう良書。


○ことばの発達の謎を解く

https://amzn.to/3CJ7zkX

認知心理学者の今井むつみ先生による、赤ちゃんの母語習得に関する本。「そもそも言語習得ってどうやってるの?」が気になった方はまずこちらへ。


○ことばと思考

https://amzn.to/3qXSlXf

こちらは今井先生による、ことばと思考の関わり合い(いわゆるサピア=ウォーフ仮説的な話)についての本。今井先生の本はわかりやすさと面白さがめっちゃ高度な次元でミックスされてて本当にスゴい。好著。


○もし「右」や「左」がなかったら

https://amzn.to/3cKzk1T

こちらも、ことばと思考の関わり合いについて記した本。


【Twitterあるよ!】

ゆる言語学ラジオのTwitterアカウントがあるので、是非フォローしてください!面白語源ネタなどが流れてきてあなたの知識欲が満たされます。

https://twitter.com/yuru_gengo


【おたよりフォーム】

https://forms.gle/mTGM7A9QNqgjZMgN7

※皆様からの楽しいおたよりをお待ちしています!


【お仕事依頼はこちら!】

yurugengo@gmail.com


【堀元見プロフィール】

慶應義塾大学理工学部卒。専門は情報工学。WEBにコンテンツを作り散らかすことで生計を立てている。現在の主な収入源は「アカデミックに人の悪口を書くnote有料マガジン」。

Twitter→https://twitter.com/kenhori2

noteマガジン→https://note.com/kenhori2/m/m125fc4524aca

個人YouTube→https://www.youtube.com/channel/UCYJ335HO_qLZDr7TywpI0Gg


【水野太貴プロフィール】

名古屋大学文学部卒。専門は言語学。

某大手出版社で編集者として勤務。言語学の知識が本業に活きてるかと思いきや、そうでもない。


【BGM提供】

・フリーBGM・音楽素材MusMus様 https://musmus.main.jp

・OtoLogic様 https://otologic.jp/


00:00 00:00